通販

更新日:2017/10/21

グルコサミンやコンドロイチンの特徴について


最近関節の痛みを緩和してくれる成分として、グルコサミンやコンドロイチンが注目されています。その中でコンドロイチンにはどのような効果があるのかというと、基本的には関節を守ってくれるという効果があります。関節をサポートしてくれる軟骨の成分として有名なので、関節痛に大きな効果があるのです。軟骨部分は人間が生活をしていく中でとても重要になります。

関節の動きをなめらかにすると言うだけではなく、関節同士の衝突を防いでくれるという働きもあるのです。しかしこの軟骨は年齢を重ねるごとに弱くなっていくので、軟骨の弾力や柔軟性が失われることもあるので、関節に関する痛みに大きな影響を与えるのです。この他の効果としては、体の調子を整えるという働きがあります。関節部分に関わっていると言うことだけではなく、体全体の健康を守るという意味でも重要な成分なのです。

コンドロイチンには、体の中の水分を調節してくれるという働きがあり、むくみの予防につながります。また血管や血液などにも作用するので、動脈硬化の予防をすることもできます。また体の免疫機能を高めてくれるという効果もあるので、感染症に対しての予防ができます。しかしやはり一番の効果は関節痛の緩和です。叔母軸関節痛に緩和に効果のあるグルコサミンを同時に摂取することで、その効果はさらに高くなります。最近ではサプリメントとして販売されているものも多くなっているので、手軽に摂取することができるようになっています。

グルコサミンとコンドロイチンの比較:サントリー、大正製薬が人気

グルコサミンのサプリメントの濃度についての秘密を大公開するよ。一般的には1000mgくらい配合されているんだ。これは、1日に必要とされている量が1000mgから1500mgと言われているからなの。でも世の中には、高濃度を謳い文句にしているサプリメントが数多くあるの。それらはたいてい、2000mgくらい配合しているよ。中には5000mgくらい配合しているものもあるの。

ここで秘密を大公開するのだけれど、実はグルコサミンは、摂取すればするほど高い効果が得られるというわけではないの。一度に大量に摂取しても、それによって生成される軟骨成分の量は、限られているんだ。つまり、極端に高濃度のサプリメントを飲んでも、それほど意味はないってことだよ。

高濃度になると、その分だけ値段は高くなるよ。売り手としては儲かるし、買い手も高濃度と聞くと有難がるよね。だから積極的に商品化されているけれど、本来グルコサミンは、大量に摂取するよりも、継続的に摂取する方が効き目があるんだ。だから高価で高濃度のサプリメントを買って大量に飲むよりも、1日に必要な量を把握して適度に飲む方が、体のためになるし、経済的な負担も少なくて済むからオススメなんだよ。



青汁の青臭さを減らす裏ワザ

青汁は、ビタミン類やミネラルや繊維質を摂取できる、とても健康に良い飲み物だよ。でも葉菜類から作られているから、独特の青臭さがあるんだよね。その青臭さで、飲みづらいと感じている人は多いんだ。でもこの裏ワザを使えば、ほとんど青臭さを感じなくなるよ。その裏ワザとは、はちみつを混ぜることだよ。はちみつは味が濃くて甘いから、コップ1杯の青汁に対して大さじ1杯を混ぜるだけでも、青臭さがグッと減るんだよね。温かい状態で混ぜると、より溶け込みやすくなるよ。

青臭さが少なくなるだけじゃなくて、栄養価もアップするんだ。はちみつにもビタミン類やミネラルが豊富に含まれているし、はちみつにはさらに、吸収を高める作用もあるの。だから混ぜることで、より一層健康に良い飲み物になるんだよ。

それでも飲みにくいという場合は、大麦若葉で作られている青汁を選ぶと良いよ。ケールや明日葉で作られているものも多いのだけれど、大麦若葉で作られているものはそれらと比べると、青臭さが少ないんだ。麦茶とかパンの原料として使われている麦の若葉だから、アッサリとした風味なのね。中には抹茶の味付けがなされているものもあって、それも飲みやすくてオススメだよ。